読み終わって放置している本ありませんか?そんなときは買取業者に買取ってもらいましょう。

お家に読み終わった本たくさんありませんか?買取ってもらいましょう

iluopuyお家の中で場所をとる、たくさんの本。重くてがさばりますが片付けるのも面倒で、なんとなくそのまま本棚や重ねた状態で放置している方は多いのではなでしょうか。そんな読み終わって邪魔になった本を放置しておくのはもったいない!すぐにでも買取ってもらいましょう。今までゴミの山だったものがお金に変わるかもしれません。

本の買取はどうやるの?

本の買取はいくつか種類があります。

  • 店頭に直接本を持っていき買取ってもらう
  • 家まで業者さんに取りに来てもらい買取ってもらう
  • ダンボールなどに詰めた本を業者に宅配便で送り、買取ってもらう

以上の3種類が多いです。どれが1番お得なのかは一概には言えません。それぞれにメリット・デメリットがあります。

店頭で買取ってもらうメリット・デメリット

tyjtdjd
自分で店頭に本を持ち込み、買取ってもらう場合のメリットとしては、その場で査定してもらえるので、買取金額がすぐにわかる点です。わかった時点でやはり買取はやめる、ということもできます。宅配などの場合は、買取希望として送った本の買取キャンセルは返送料などがかかってしまいます。買取を行っている店舗が自宅付近などに数店舗ある場合は、それぞれの店舗で買取価格を聞いた上でどこで買取をしてもらうのかを自分で決めることができます。デメリットとして考えられるのは、自分で重い本を抱えて店舗まで足を運ぶ必要があることです。本が少ない場合はそれほどの負担ではありませんが、何十冊もある場合などは重くて運ぶ手段も選ばなくてはいけなくなります。

取りに来てもらい買取ってもらうメリット・デメリット

出張買取、などの名称で行われているのが、近くの店舗から従業員が家まで買取に来てくれるサービスです。このサービスのメリット・デメリットを考えてみましょう。まずメリットとしてあげられるのは、自分で重い本を持ち運ばずに済む点です。それから店頭で買取ってもらう場合同様に、目の前で査定をしてもらえますので、査定結果に関して交渉をしたり、買取をキャンセルするなどがその場でできます。買取すべてをキャンセル、というのは家までわざわざ来てもらった場合は言いにくいと思いますが、この本は売るけれどこちらは売らない、などの選択ができます。デメリットとしては、混雑時には予約が取りにくい、という点が大きいです。引っ越しシーズンなどは出張買取を依頼する方が多いため、早く取りに来てもらいたいと思っていても、なかなか予約が取れなくてイライラすることがあります。

宅配買取のメリット・デメリット

宅配便を利用し、不要な本を業者に送って買取ってもらう、宅配買取のメリットとデメリットを考えてみます。メリットとしてまず考えられるのは、本を送るだけ、という手軽さです。本を送る場合に使用するダンボールを用意してくれる業者も多く、届いたダンボールに不要な本を詰めて宅配業者に取りに来てもらうだけでこちらが行うことは完了です。あとは業者側から買取金額の連絡を待つだけです。宅配業者が家まで取りに来てくれますので、重い荷物を運ぶ手間がありません。デメリットとしては、キャンセルがしにくいという点です。買取金額を聞いた後などに買取をキャンセルする場合、返送料は実費になる場合が多いです。査定金額が思っていたよりも安かった場合でも、キャンセルを選ぶのはマイナスになってしまいます。

本の買取方法、どう選ぶ?

本を買取ってくれる業者はさまざまあることがお分かりいただけたかと思います。どの形態の業者を選ぶのかは、やはり何にこだわって本を売りたいかで決めるべきです。とにかく手軽に売りたいのでしたら宅配買取の業者がおすすめです。本の売却価格にこだわりたいのであれば、やはり店頭で買取ってくれる業者を選ぶようにしましょう。さまざまな特色ある買取り業者がありますので、本を売る場合は簡単に決めてしまうのではなく、下調べをしてから買取業者を選ぶようにしましょう。

本買取サイト情報 本買取

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP